2015年11月02日

レラティブストレングス投資月次シグナル解説(2015年10月末基準)


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

2015年10月末のシグナルは以下のとおりとなりました。
続きを読む
posted by 市原 at 22:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

レラティブストレングス投資月次シグナル解説(2015年4月末基準)


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

2015年4月末のシグナルは以下のとおりとなりました。続きを読む
posted by 市原 at 20:30| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

「投資家のリスク許容度上昇」を実感した瞬間

皆様の応援が励みです!応援いただける方は、
↓このリンクをクリックお願いします!
人気ブログランキングへ


株高円安が続いています。

こんな環境で、ふと頭をよぎってしまうのが、キャッシュポジションのもったいなさです。

続きを読む
posted by 市原 at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

ジョージ・ソロスと日銀黒田総裁の共通の恩師は「哲学者」

人気ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

昨日まで全く知らなかった人物について、ある日突然いろんな方向から情報が舞い込んできた、という経験をお持ちの方は多いと思います。

私の場合、最近こんな具合に起きました。

続きを読む
posted by 市原 at 01:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

ご無沙汰しております。

人気ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

一年以上ぶりの更新です。

車にでも轢かれたのかと思われた方もいるかもしれません。

更新をずっとやめていたのには、わけがあります。

拙ブログで公開している移動平均投資やレラティブストレングス投資以外の投資方法を研究していました。

新しい投資手法の研究に夢中になるがあまり、「移動平均投資とレラティブストレングス投資」は、私にとって過去のものになってしまったのです。だから更新もせずほったらかしにしていました。

新しくいろいろと試している投資手法について一段落したので、これからは、このブログを再開しようと思います。

いろいろ研究してみて「移動平均投資とレラティブストレングス投資」の良さを再認識することができました。

この投資方法のよいところの一つは、「広く公開できる」ということです。

私がその後研究してたどりついた手法は、公開したとたんにその有効性が失われるものが多いです。個別株銘柄を短期中期売買するので、手口をばらして皆が同じトレードをやると、有効性が消えてしまうのです。

その点、「移動平均投資とレラティブストレングス投資」はインデックスファンドをマンスリーでトレードするだけなので、同じ手口を使う人が多少増えてもどうってことありません。

日銀やFRB、ECBにまねされない限り大丈夫でしょう。

色々な投資手法を研究するかたわら、「レラティブストレングス投資」をずっと実践してきました。今は日株とJリートの数年ぶりの上昇をズバリ捉える事ができたので満足しています。

シンプルだけど強力な投資手法です。

ひさしぶりの更新なので、勝手がわからずとりとめのない記事になってしまいました。

これからおいおい、いろいろ書いていきます。

人気ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。


posted by 市原 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

今は大きなトレンド発生まで我慢

2010年10月は、シグナルが1日ごとに点いたり消えたりする1ヶ月でした。

<シグナル>を毎日更新しているページの下の方に、各資産のチャートを表示していますが、どの資産も2009年3月に底を打ちから反発した後、ずっと横ばいが続いています。

2008年10月から2009年3月に、金融不安による相場の大暴落が起こった後、中央銀行による金融緩和や政府の財政政策が世界中で相次いで行われ相場は急反発、というパターンを経て、今は景気二番底懸念と景気回復期待が綱引きをしている状況です。

相場が大きく下げる心配もないですが、大きく上昇することも期待できず、もみ合う相場展開がしばらく続くでしょう。

このような局面では、市場価格と12ヶ月移動平均は収斂し絡み合うようにして推移しがちで、12ヶ月移動平均投資の売買シグナルが頻繁に発生します。

そのため、12ヶ月移動平均投資を実践する人は、今の相場局面は、少ししか儲からないトレードや損失を出すトレードを繰り返さなくてはいけなくなります。

負けトレードが続くと、シグナルに従って売買するのが嫌になってしまうものです。しかし、ここは我慢してトレードを続けなければなりません。

もみ合い相場がしばらく続いた後には、必ず大きなトレンドが発生するからです。大きなトレンドがいつ起こるのかもわかりません。上方向のトレンドなのか、下方向のトレンドなのかは分かりません。だからこそ、きちんとシグナルに従って売買することが大切なのです。次の買いシグナルが、大きな上昇トレンドの始まりかもしれないし、次の売りシグナルが、大きな下落トレンドの始まりかもしれません。

今は、勝ちトレードや負けトレードに一喜一憂せず、淡々とシグナルに従った売買を繰り返す時期です。


※投資は自己責任でお願いします。

この記事が参考になりましたら、応援クリックお願いします。
↓↓↓
人気ブログランキングへ
posted by 市原 at 08:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

シグナル更新(7/8基準)

シグナル更新しました(2010/7/8基準)
こちらをご覧ください。
↓↓
移動平均、レラティブストレング・スシグナル
※リンク先のシグナルは常に最新の状態にアップデートされます。そのため時間の経過とともにこの記事のコメントとリンク先のシグナルが食い違っていきます。カテゴリ「移動平均月次売買シグナル」の一番上に表示される最新コメント記事を参照くださいますようお願いします。


移動平均投資、レラティブストレングス投資の両方に、今回新たに新興国債券にもBUYシグナルが出ました。
このBUYシグナルが月末まで続けば来月月初に新興国債券を購入することになります。

(お知らせ)
移動平均、レラティブストレング・スシグナルの下の方に、9資産の価格チャート(52週移動平均付)を掲載しました。12ヶ月移動平均と52週移動平均は、全く同じではありませんが、目安には使えます。市場価格が移動平均からどれくらい離れているか、価格はどのように推移しているかの参考にしてください。

人気ブログランキング参加中。次回の更新を楽しみにしていただける方はぜひ応援クリックお願いします
↓↓↓
人気ブログランキングへ


目次へ戻りたい場合はこちらをクリック→移動平均投資・レラティブストレングスの解説・目次
posted by 市原 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。