2017年05月04日

レラティブストレングス投資月次シグナル解説(2017年4月末基準)


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

2017年4月末のシグナルは以下のとおりとなりました。
1 新興国株 Buy
2 先進国株 Buy
3 日本株 Buy
4 GREIT Buy
5 新興国債券 Buy
6 先進国債券 Buy
7 日本債券 Sell
8 JREIT Sell

順位はレラティブストレングスが強い順を示しています。
前月末の価格が12ヶ月移動平均を上回っているものが「Buy」、下回っているものが「Sell」と表示されています。

このシグナルの意味を解説します。レラティブストレングス投資では、移動平均シグナルが「Buy」で、かつレラティブストレングス上位2位の資産、つまり新興国株と先進国株に50%ずつ配分するポートフォリオを構築します。

前月とポートフォリオが変わらないため、今月はトレードが発生しませんでした。

引き続き新興国株の強さが目立ちます。最も強く上昇して来たアメリカ株はそろそろ割高感がでてきています。世界の低金利の環境下、投資資金はリターンと利回りを求めており、次に上昇しそうな資産や、相対的に利回りが高い資産に資金が流れ込んでいます。

ゆったりとした過剰流動性バブルが、幅広い資産に対して起きている印象を受けます。いずれ、ゆるやかなバブル崩壊による下落局面がくるかもしれませんが、12カ月移動平均がそれを教えてくれるだろうと想定しています。

※くれぐれも、投資は自己責任でお願いします。


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。
posted by 市原 at 07:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 月次シグナル解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市原さん こんにちわ
いつもブログ拝見させていただいております。
一つ質問なのですが、新興国クラスは具体的にはどの商品に投資しておりますか?新興国クラスは信託財産留保額が発生するものが大半で商品選びに苦戦しております。ご教示ください。
Posted by パエリア at 2017年05月24日 08:18
パエリアさん、

ご質問ありがとうございます。
新興国株式はeMaxisを使っています。

新興国債券は次にレラティブストレングス投資で買い対象となった時に考えることになります。

私はコストの1bps単位の違いはあまり気にせず適当に買っています。
Posted by 市原 at 2017年06月03日 16:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449575542

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。