2017年01月03日

レラティブストレングス投資月次シグナル解説(2016年12月末基準)


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

2016年12月末のシグナルは以下のとおりとなりました。
1 先進国株 Buy
2 日本株 Buy
3 新興国株 Buy
4 新興国債券 Buy
5 GREIT Buy
6 JREIT Buy
7 先進国債券 Buy
8 日本債券 Sell

順位はレラティブストレングスが強い順を示しています。
前月末の価格が12ヶ月移動平均を上回っているものが「Buy」、下回っているものが「Sell」と表示されています。

このシグナルの意味を解説します。レラティブストレングス投資では、移動平均シグナルが「Buy」で、かつレラティブストレングス上位2位の資産、つまり先進国株と日本株に50%ずつ配分するポートフォリオを構築します。

前月から、新興国株を売り、先進国株を買うトレードとなりました。

新興国株は保有期間が1カ月で終わり、若干の利益確定となりました。昨年終盤にトランプ相場に沸いた先進国株と日本株が今年も上昇するのか注目されます。

※くれぐれも、投資は自己責任でお願いします。


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。
posted by 市原 at 09:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 月次シグナル解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市原様
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
1月は株式市場が低迷しがちだというので投資資金の4割程度を年末に現金化してしまい、
その分だけ年初の株価上昇を逃してしまいました…が、乱高下していますね。(汗
レラティブ・ストレングス投資の方はシグナルに従って(米株入れて9資産ですが)売買した結果、
新興国株式の一番おいしいところをいただけたように思います。ありがとうございました。

今年も年初から
・TTT(ツイッター・テロリスト・トランプ次期米国大統領)がトヨタを脅迫
・米軍、ポーランドに大軍を配備 バルト三国と軍事演習の予定でプーチン激怒必至
・韓国八方塞がり 電気・自動車・船舶・航空・海運・不動産 内政も外交も出口が見えず。
・中国は昨年の経済がたったの10日で出せる常識を超越した国家で、衛星写真では煙突国家。
・その中国に対しトランプ政権はどう出るか
 中国は敢えて戦わずに50年・100年かけてでも西太平洋をじわじわ浸食すると思うのです。
と、落ち着かないというか、きな臭いニュースが多いですね。

私的にはスマホを機種変して ケース選んだりアプリの抜き差しするのもそうですが、
「USB type-Cって、何!? 充電規格が複数あってバッティングしてる!? 間違うと燃える!?」
と、ネットでよくわからない電気回路図やモバイルバッテリー分解写真を眺める毎日です。

Posted by utt at 2017年01月14日 02:23
uttさん、

あけましておめでとうございます。
米株をRS投資に加えるのはご賢察ですね。今後数年間のアメリカの経済や相場は手堅いと思います。

各地域での地政学リスクは気になるところです。
サイバーテロで金融システムが狙われたら相場にも大きな影響がありそうです。


今年もそうぞよろしくお願いします。
Posted by 市原 at 2017年01月15日 11:06
市原様はじめまして。NCLと申します。
RS投資に興味を持ち、現在確定拠出年金で実践しております。

数年前にもRS投資を投資信託でやっていたのですが、目先の利益に
とらわれてしまい、結局長続きしませんでした。

確定拠出年金の場合、60歳まで資金が引き出せず、目先の利益に惑わ
されないという意味ではRS投資との相性が良いと考えております。
ただ、売買のタイミングにタイムラグが生じてしまうのが難点ですが。

今後もRS投資を継続していきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

Posted by NCL at 2017年02月01日 17:07
NCLさん

コメントありがとうございます。
確定拠出年金は非課税で売買可能なのでRS投資に丁度良いですね。私もRS投資では確定拠出年金も使っています。

売却の受け渡しが終わってから次のファンドの購入プロセスが始まるのは、私の確定拠出年金も同じです。ネト証券のようにトレード日数を減らす取り組みを希望していますが、長期保有投資が主目的な制度なので難しいかもしれませんね。

今度ともよろしくお願いいたします。
Posted by 市原 at 2017年02月02日 22:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。