2016年07月03日

レラティブストレングス投資月次シグナル解説(2016年6月末基準)


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

2016年6月末のシグナルは以下のとおりとなりました。
1 日本債券 Buy
2 JREIT Buy
3 GREIT Buy
4 新興国債券 Sell
5 先進国債券 Sell
6 先進国株 Sell
7 新興国株 Sell
8 日本株 Sell

順位はレラティブストレングスが強い順を示しています。
前月末の価格が12ヶ月移動平均を上回っているものが「Buy」、下回っているものが「Sell」と表示されています。

このシグナルの意味を解説します。レラティブストレングス投資では、移動平均シグナルが「Buy」で、かつレラティブストレングス上位2位の資産、つまり日本債券とJREITに50%ずつ配分するポートフォリオを構築します。

前月と同じなので、トレードは発生しませんでした。

先月は、英国国民投票の結果がまさかのEU離脱支持多数となり、世界中の相場が大荒れとなりました。

こういう局面で、ポートフォリオの半分を安全資産である日本債券(またはMMF)としていたのは幸運だと思います。

多くの資産が1年間移動平均を下回っており、世界の投資家の間には弱気の雰囲気が漂っています。しばらくは市場がイベントに神経質に反応しやすい状況が続くと考えられます。

※くれぐれも、投資は自己責任でお願いします。

※※「市原ブログ(レラティブストレングス投資以外)」を始めました。タイトル通り、レラティブストレングス投資以外について考察していく予定です。こちらもご愛顧よろしくお願いします。


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。
posted by 市原 at 09:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 月次シグナル解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市原様

毎月の更新まことにありがとうございます。
チャイナショックもBREXITもドミノ倒しにはなっておらず、
(私は社会の安定なくして経済発展はないと思うのでBREXIT支持です)
各セクターも少ーしずつ息を吹き返しつつあるようです。
しかしながらシグナルを変化させるにはまだ足りない感じですね。
ここで都知事選をきっかけに大きく好転…一自治体の首長選挙では無理か(汗)

次回の市原様の更新を楽しみにしております。
Posted by utt at 2016年07月30日 00:47
uttさん、

コメントありがとうございます。

返信が遅れ申し訳ありません!

都知事選では小池氏の勝利。昨日はブラジルのルセフ大統領が罷免となりました。
次の注目材料はFRBの利上げと、米大統領選挙ですね。

相場は高値警戒感からなかなか上昇しづらい環境ですが、RS投資のシグナルにしたがって淡々とトレードしていきたいと思います。

Posted by 市原 at 2016年09月01日 22:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。