2016年06月01日

レラティブストレングス投資月次シグナル解説(2016年5月末基準)


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

2016年5月末のシグナルは以下のとおりとなりました。
1 JREIT Buy
2 日本債券 Buy
3 GREIT Buy
6 先進国債券 Sell
5 先進国株 Sell
4 新興国債券 Sell
8 日本株 Sell
7 新興国株 Sell

順位はレラティブストレングスが強い順を示しています。
前月末の価格が12ヶ月移動平均を上回っているものが「Buy」、下回っているものが「Sell」と表示されています。

このシグナルの意味を解説します。レラティブストレングス投資では、移動平均シグナルが「Buy」で、かつレラティブストレングス上位2位の資産、つまりJREITと日本債券に50%ずつ配分するポートフォリオを構築します。

前月と同じなので、トレードは発生しませんでした。

先月SellシグナルだったGREITが今月再びBuyとなりました。

上昇トレンドに入ってBuyシグナルが付いたというよりも、相場がもみ合ってるうちに移動平均線が下に寄って来たという感じです。

こういうパターンの時は、BuyとSellシグナルの間を行ったり来たりしがちです。

しばらく相場の変動性が高い局面が続くでしょうが、RS投資ではシグナルに従って淡々とポジションを月一回調整していきます。

※くれぐれも、投資は自己責任でお願いします。

※※「市原ブログ(レラティブストレングス投資以外)」を始めました。タイトル通り、レラティブストレングス投資以外について考察していく予定です。こちらもご愛顧よろしくお願いします。


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。
posted by 市原 at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 月次シグナル解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市原様
毎月の更新誠にありがとうございます。
先月から変更なしの国内債券とJ-REITですが、
株式や為替がなにやら急速に雲行きが怪しくなっているような気配を感じます。
くわばらくわばら(>-<)
Posted by utt at 2016年06月16日 22:00
utt様

23日の英国国民投票をきっかけにutt様のコメント通りの展開となりましたね。

6月末基準でも、またもや国内債券とJ-REITとなりました。

しばらくは安全資産の国内債券に半分を投じるシグナルが続きそうです。
Posted by 市原 at 2016年07月03日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。