2015年04月01日

レラティブストレングス投資月次シグナル解説(2015年3月末基準)


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。

2015年3月末のシグナルは以下のとおりとなりました。
1 GREIT Buy
2 日本株 Buy
3 JREIT Buy
4 先進国株 Buy
5 新興国株 Buy
6 先進国債券 Buy
7 日本債券 Buy
8 新興国債券 Sell

順位はレラティブストレングスが強い順を示しています。
前月末の価格が12ヶ月移動平均を上回っているものが「Buy」、下回っているものが「Sell」と表示されています。

このシグナルの意味を解説します。

レラティブストレングス投資では、移動平均シグナルが「Buy」で、かつレラティブストレングス上位2位の資産、つまり、GREITと日本株に2分の1ずつ配分するポートフォリオを構築します。

前月から変わらないため、トレードは発生しません。前月と同じポートフォリオを維持すればOKです。こういう月はほっとしますね。

ところで、今改めて思うのは、トレンドフォローの威力の凄さです。

上位1位と2位のGREITと日本株は上昇傾向が続いています。

一方、3位と4位のJREITと先進国株は下落傾向に転じています。

JREITと先進国株が3位以下に転落した際、私は売却することに若干抵抗を感じました。売却すると売却益の税金がかなりかかるからです。

しかし、レラティブストレングス投資ではシグナルに忠実に従うと決めているので、泣く泣く売却し、給料数か月分の税金を支払いました。

結果として、売却し上位2資産に乗り換えたのは正解でした。乗り換えなければ税金以上のマイナスリターンをくらっていたことでしょう。

もっとも、これは偶然の産物です。

シグナルに従わなかった方が良かった、という結果となる場合もあります。

ここで大事になるのは、投資に対する規律です。

シグナルに従った上で、それが裏目に出た、という場合でも、「長期的にはシグナルは付加価値をもたらす」と信じていれば、次もシグナルに従う事ができます。つまり、この場合の裏目に出てしまったのは「正しい失敗」です。

一方、税金が勿体ないとかの理由でシグナルに逆らったあげく、それが裏目に出た。シグナルに従っていた方が良かった、となった場合はどうでしょうか。その裏目ポジションを維持するよりどころはありません。これは「正しくない失敗」です。

システムトレードを実践しているはずなのに、システムトレードのシグナルに従わず、自分の直感を介在させてしまう、という人はシステムトレードには向いていません。

システムトレードに従いたくない場合は、直感でオーバーライドするのではなく、システムトレードの内容自体を再検証し、自分が従いたくなるシステムトレードを確立すべきです。

システムトレードを実行するアカウントと、直感トレードを実行するアカウントを別に持つ、というのも一つの方法です。


※くれぐれも、投資は自己責任でお願いします。


金融・投資(全般) ブログランキングへ←ぜひ、応援クリックお願いいたします。
posted by 市原 at 23:04| Comment(16) | TrackBack(0) | 月次シグナル解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

市原さんのブログを参考に今月からレラティブストレングス投資を始めました。
投資を始めるにはちょっと時期が悪いかもしれませんが運用方法の一つとしてこ
の投資をしていきたい思います。


さて、ひとつ質問させてください。

例えば運用金額100万でレラティブストレングス上位2位が

1位 Buy
2位 Sell

となった場合は

1位 50万
2位 Sellのため購入しない
現金 50万

として1ヶ月運用するのでしょうか?


あるいは

1位 100万
2位  0 万

とするのでしょうか?

Sellの場合は売るというのは理解しているつもりなのですが、上記のような条件
の場合はどうしたら良いのか迷いましたので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

Posted by コヤマン at 2015年04月02日 11:41
コヤマンさん、

コメントありがとうございます。

ご質問のケースの場合は、
1位 100万
2位  0 万

と投資します。

このブログで紹介しているシミュレーションは、上記の方法に基づき計算しています。

この回答がお役に立ちましたら幸いです。

これからもよろしくお願いします。



Posted by 市原 at 2015年04月02日 23:16
市原さん

早速のご返事ありがとうございました。(^_^)
Posted by at 2015年04月03日 08:38
はじめまして。

今年から投資をしようと勉強し始め、今日こちらにたどり着きました。


移動平均&レラティブストレングス投資を拝読させて頂き、愕然としました。
と同時に市原さんの理路整然とした知識、知恵に感銘を受けました。

ただ、もうちょっとこちらに訪れるのが早ければと少々悔やんでます。
というのは、浅慮にも取りあえずNISAでは海外ETFに投資しようと先週1枚現引してしまったところだったんです。

どう考えても本投資法で1万ドル現物は使いづらいので、色々策を考えたのですが、2つぐらいのETFでとことんB&H位しか自分レベルでは思いつかないなぁと…。
適当なところで潔く円に戻すとか(苦笑)

あと、市原さんは海外通貨決済資産は持っておられるのでしょうか?

初投稿で厚かましいのですが、前者についてはなにか良い案があればアドバイス頂ければ幸いです。
もちろん自己責任は自覚しております。

よろしくお願いいたします。
Posted by Reich at 2015年04月11日 23:15
Reichさん

コメントありがとうございます。
お褒めいただき恐縮です。大変励みになります。

ご質問への回答ですが、資産運用は複数の戦略を採用するのも良い方法です。Reichさんのようにレラティブと別に低コストETFのB&Hを実行するなど。
私も一部資産ではB&Hをやっています。

あと、私は外貨建て資産には投資していません。理由は単に残高チェックが面倒だからです。

投資はくれぐれも自己の判断と責任でお願いします。

今後とも宜しくお願いします。
Posted by 市原 at 2015年04月13日 13:20
丁寧なご回答頂き有難うございました。

> あと、私は外貨建て資産には投資していません。理由は単に残高チェックが面倒だからです。
そうなんですね。 市川さんの理由がそれだけだと逆に少しは安心?しました。

ドルも、今すぐ戻すのも癪だし、B&Hでほったらかすことにしました。(笑)


ところで、RS投資に関して、お聞きしたいことがありますので、以下お手数ですがお聞かせいただければ幸いです。

@ 移動平均法のみではレンジ相場が苦手のようでしたがRS法だと解消されているのでしょうか?
 (貴ブログを拝読させて頂いた感じでは本相場時において前者はBuyの下位資産クラスが足を引っ張っていて、後者ではAND条件で上位2資産クラスのみが対象なのでその分緩和されているのかなぁと…。
  エビデンスは無く漠然とした感じだけですし、仮に解消されてなくても現時点でRSは最強のエビデンスがあり淡々と実行するだけなので愚問ですが…。(^^;)

A バックテストではTOPIXで1950年5月から検証されていますが、(最近ですが)私がWebで調べた限りヤフーファイナンスの1983以降からが最古でした。 どこで入手されたのですか?
  勿論ソース非公開ならスルーで構いません。

以上、よろしくお願いいたします。

P.S.
市川さんのエントリーはシグナル解説中のショートコメントすら非常に勉強になります。
取りこぼしの無いよう読もうと思ってます。
また、貴ブログのポリシーにも感銘しています。
これからも楽しみにしています。
Posted by Reich at 2015年04月13日 16:11
自己レスです。

先のAについては過去コメント拝見してたらありました。
失礼しました。
Posted by Reich at 2015年04月15日 09:16
お忙しいところ恐縮ですが教えてください。
(4月13日の質問@に関しては不要不急です。)

過去ログを拝読しているとRS投資法では(ア)12か月移動平均と(イ)3,6,12平均リターンでは
サンプリング期間が違うようですが認識合ってるでしょうか? 以下具体的に例示します。

前提条件:2015年4月1日計算(2015年3月末基準)として
以下 ○年△月末基準価額=○/△ と表記

(ア)(2010年06月01日記事「12ヶ月移動平均」を計算する方法)
 〜
(4)期間を過去12ヶ月に指定し、「月次」を選択します。
(5)過去12ヶ月の月末の価格が表示されます。
 12ヶ月移動平均 = (過去12ヶ月の価格の合計)÷12
 〜
より、
(ア)=(15/3+15/2+15/1+14/12+14/11+14/10+14/9+14/8+14/7+14/6+14/5+14/4)÷12


(イ)(2013年11月01日記事コメント質疑応答)
より、
@3ヶ月リターン=15/3÷14/12-1
A6ヶ月リターン=15/3÷14/9-1
B12ヶ月リターン=15/3÷14/3-1

よって、(ア)では15/3〜14/4の12か月に対して、(イ)では15/3〜14/3の13か月の
データで算出している事になります。

ところが、(2010年06月07日記事3,6,12ヶ月リターンを計算する方法)(イ’)では、
(4)期間を過去12ヶ月に指定し、「月次」を選択します。
(5)過去12ヶ月の月末の価格が表示されます。これで移動平均の計算に必要なデータを取得できました。
(6)過去12ヶ月の月末価格を元に3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月リターンをを計算します。
とあるので、15/3〜14/4の12か月で計算?というような表記になっており確認させて頂い
た次第です。

世間の一般的な移動平均、リターンの解釈だと(ア)、(イ)で合ってるようですし、
(イ’)だと2015年3月末基準ではいくつかのファンドをためしても1位日本株、
2位GREATと逆になってしまうので間違いはないと思いましたが…。

よろしくお願いいたします。
Posted by Reich at 2015年04月17日 22:04
Reichさん

回答遅れ失礼しました。
直近のご質問については(イ')が誤りです。
過去13ヶ月と書くべきでした。追って記事修正します。

その前のご質問ですが、全ての資産がもみ合いの展開を続けるとRS投資でも負けます。

しかし、過去データによるシミュレーションでは、そんな展開が長期にわたって続くことは観察されませんでした。
現在の相場を見ても、ある資産が上昇すると人気が集まり資金が流入することで上昇トレンドが続くことがおおいようです。
以上ご参考になりましたら幸いです。

※いわずもがなですが、投資は自己責任でお願いします!
Posted by 市原 at 2015年04月21日 13:54
市川さん

> 回答遅れ失礼しました。
とんでもないです。
あまりのアホな質問に愛想尽かされてしまったかと…、どうしようかと思いました。(^^;
お忙しい中度々丁寧なご回答感謝します。

> 〜全ての資産がもみ合いの展開〜
あ、そうですよね。 そう考えてもRSで8資産中2資産選抜にされたのが効いてるんですかね…。

> いわずもがなですが、投資は自己責任でお願いします!
もちろんです。(^^; 自分の計算も合ってたので一抹の不安が解消されました。

これからも悩める投資家のpilotとして活躍して頂きたいです。
貴ブログが末永く更新して頂けるよう祈念しております。(^-^)
Posted by Reich at 2015年04月21日 21:43
市川さん

度々すみませんが、また疑問が生じました。(^^;
差支えない範囲で結構ですのでざっくりでもコメント頂けたら幸いです。

RSを新規導入する場合は、場合により調整時の押し目を狙う…等の記述を
拝読しましたが、運用中について、まっとまった金額の追加投資の場合や、資産が
大きい場合の売買タイミングについて、なにかポリシーがおありでしょうか?

自分的に考えると以下2通り出てきて悩みました。

@ 月末に集計が出た後予め決まった日(例えば次月第2営業日とか…)
  に機械的に売買する。

A テールリスクや、そこまでいかなくともある程度の急な変動を考慮して短期指標を
  参考に(例えば)前半2週位の幅を持たせて売買する。

@だと(順位hold資産が移動平均より上で急落時とか?)感覚的にちょっと
怖いかな、と思い、さりとてAだと売買しづらくそもそものRSのポリシーにも反してるような
気がして(そもそもそんなレアケースのタイミングは無くそんなトレンドではほぼ全資産
sellだろ?とか(^^;)考慮しないのかなとも思え、頭の中がどっちつかず状態です。

根本的にビギナークラスなので経験者にしたら(変動時など)的外れな部分がある質問かも知れませんが、
その際はご容赦ください。

以上、よろしくお願いいたします。
Posted by Reich at 2015年04月23日 23:59
市川さん。

昨日の投稿ではまとまりが悪いのでまとめさせて頂きたく再投稿しました。(^^;


結論から先に書かせて頂くと、(あくまで市川さんの場合はという前提で結構ですが)
月末にシグナル集計をされて、機械的に(不可抗力は別として)すぐ(基準価額その他の
指標等は無視して)トレードされているのか、あるいは、(例えば)数週間程度の範囲内を
想定してご自身の納得いく日にトレードされているのか、はたまたそれ以外のトリガー・
タイミングなのか、いずれでしょうか?

差支えない範囲で結構ですのでご教授頂ければ幸いです。



なお、上記質問は以下の前提で記させて頂いています。

今までの貴ブログでの勉強で、RS投資では月末値計算でトレードルールと理解しました。

そして、過去ログにおいて、日単位では(その時はETFについてでしたが)指値しなくとも
成行でOKとありましたので、1日の間での買い方の雰囲気は分かりました。

また、月単位でも、(約定や私用等のタイムラグ等)不可抗力による数週間のトレードの
ずれは許容範囲との記述も拝読しました。

以上、お手数ですがよろしくお願いいたします。
Posted by Reich at 2015年04月24日 22:13
↑の何度もコメントしてる方
管理人さんのお名前間違ってますよ^^
Posted by steven at 2015年04月27日 15:09
うわ、最悪!
しかもかなり前から間違ってました。

市原さん、大変申し訳ありませんでした。
どういういきさつで間違ったのか未だ分かりませんが、全然気が付いていませんでした。
非礼お詫びします。

stevenさん、ご指摘頂き有難うございました。
Posted by Reich at 2015年04月27日 18:29
Reichさん、

原則として、@です。
不可抗力以外で、Aのような自分の恣意性を介在させてタイミングをずらすことはしません。

「どうしても@では抵抗感がある。自分の判断を介在させて納得するトレードをしたい」という場合は、シグナルに忠実にトレードする資産@と、自分の判断を介在させる資産Aの2つに分ける、というのも一つの方法です。

ご参考になりましたら幸いです。


stevenさん、

フォローどうもです^^



Posted by 市原 at 2015年04月29日 12:13
市原さん、お忙しい中レス有難うございました。

しかも長らくお名前間違えていたにも関わらずその間もいつも
丁寧にレス頂けてて感謝やら申し訳ないやらで一杯です。(^^;

おかげで変な悩みも吹っ切れました。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by Reich at 2015年04月29日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。