2013年05月11日

バブルはまた起きる?なぜ起きる?

皆様の応援が励みです!是非応援クリックおねがいします!
人気ブログランキングへ

バブルは何度も発生し、崩壊してきました。いやになるほど繰り返してきました。

 オランダチューリップバブル

 南海泡沫事件

 1929年米国大暴落

 日本のバブル(1980年代)

 ITバブル(1990年代後半)

 米国サブプライムバブル(2000年代後半)


今までこうもしつこくバブルを繰り返してきたことを考えると、将来予測として、

1、もうバブルは起きない

2、またバブルは起きる

の2つの選択肢では、「2、またバブルは起きる」を選ぶのが妥当でしょう。

バブル発生のネタは毎回違います。チューリップの球根だったり、ドットコム企業だったり、米国の不動産だったりさまざまです。しかし、すべてのバブルに共通するのは、「今買えば、将来値上がりするという確信」が世の中に蔓延していた、ということです。

「期待」ではなく、「確信」です。強欲でバカな人だけが「確信」するのではありません。優秀な人材が集まっているはずの銀行や監督官庁や大企業も含めて、世の中全体がこの「確信」に基づいて行動するのです。

たとえば、米国サブプライムバブルでは、「アメリカの土地の値段は上がり続ける」という確信に基づいて世の中が回っていました。銀行は「土地の値段は必ず上がる。住宅ローンを借りる人に返済能力がなくても、土地の値上がり分で回収すればよい」という前提に基づいて住宅ローン融資を拡大しました。

全く同じことは日本の80年代バブルでもおきました。邦銀は土地を担保に金を貸し、返済が滞っても土地の担保評価額を上げて追い貸ししました。

そして、土地の値段が下落したとき、米国でも日本でも世の中の前提がくずれ、バブルは崩壊しました。個人は自己破産し、中小企業はつぶれ、銀行は不良債権を抱え、二流銀行は破綻し、株価と地価は暴落しました。

なぜ人間はバブルを繰り返すのでしょうか。なぜ、株や土は将来値上がりすると「確信」してしまうのでしょうか。過去のケースを見てみると、人間の脳というものはどうやら、株価や地価の上昇が2年程度続くと、「それは傾向などではなく永遠普遍に続く事実だ」と認識してしまうようなのです。だから2年間株価や土地が上昇(下落)しつづけると、これからも上昇(下落)を続けるという前提で世の中が動き出すのです。

たとえば、つい最近まで日本株は下落を続け、日本円は円高が続いていました。そのため、「日本株は下がり続けるし、円高は続く」という空気が蔓延していました。

今は逆です。日本株は上がり、円安です。この傾向が2年も続けば、世の中は「日本株は上がる。日本円は下がる」という前提の元に構築されなおすことでしょう。

バブルは必ず発生し、必ず崩壊します。次のバブルが崩壊しても、バーナンキFRB議長のせいでも黒田日銀総裁のせいでもありません。市場と私たちの脳がある限り避けられないのです。

移動平均投資は、バブル崩壊による大損害を避ける投資法です。レラティブ・ストレングス投資は、もっともバブルが加熱したアセットクラスから収益を獲得し、バブル崩壊前に逃げる投資法です。

一方、バイ&ホールド投資は超長期的に株価が上昇した場合、その恩恵を低コストで享受できます。しかし、バブルによる上昇と大暴落の波をまともにかぶってしまう危険な投資法です。

完璧な投資法は存在しません。今の所の私の結論は、長所と短所が異なる投資法を組み合わせる「戦略分散投資」です。

「戦略分散投資」にご賛同いただける方は、
↓このリンクをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ


posted by 市原 at 11:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資手法についての考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど、2年続けば当たり前になっちゃうんですね。いつもながら勉強になります。さて、ここのところの上昇が、2年続くのかどうか、、、
Posted by とくだい at 2013年05月11日 21:53
とくだいさん、

コメントありがとうございます。

>ここのところの上昇が、2年続くのかどうか、、、

そこがポイントですね。
日本株の場合、2003年に底をつけたあと、横ばいも含めて2007年まで上昇しました。2005年くらいから世の中に高揚感がただよってきました。

ホリエモンや美人秘書のようなキャラが新たに登場しはじめたら危険水域です。
Posted by 市原 at 2013年05月13日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。