2010年06月07日

3,6,12ヶ月リターンを計算する方法

先日の記事、「必見!レラティブ・ストレングスの驚くべき検証結果」が反響を呼んでおり、嬉しい限りです。

「3,6,12ヶ月リターンを計算する方法を教えて」というご質問をいただきましたので、今回はこの計算方法を紹介します。

まず、


(1)まず、ヤフー!ファイナンスにアクセスします。


(2)検索窓に、ETFの場合はティッカーを入力します。投資信託の場合は投資信託名称を入力します。

(3)「時系列」タグをクリックします。すると、日次ベースでの価格の推移が表示されます。

(4)期間を過去12ヶ月に指定し、「月次」を選択します。

(5)過去12ヶ月の月末の価格が表示されます。これで移動平均の計算に必要なデータを取得できました。

(6)過去12ヶ月の月末価格を元に3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月リターンをを計算します。紙に価格を書き出して計算しても良いですし、エクセルに張り付けて計算しても良いでしょう。エクセルの方が一度計算用シートを作ってしまえば、後が簡単です。計算式は下のようになります。

 @3ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から3ヶ月前の月末価格 − 1


 A6ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から6ヶ月前の月末価格 − 1


 B12ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から12ヶ月前の月末価格 − 1


 3,6,12ヶ月リターンの平均 = (@+A+3)÷3

以上で3,6,12ヶ月リターンの平均を算出することができます。

たったこれだけの計算で、プロのトレーダーも真っ青のレラティブ・ストレングス投資が可能になるのです。


人気ブログランキング参加中。次回の更新を楽しみにしていただける方はぜひ応援クリックお願いします
↓↓↓
人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
はじめまして。
「インテリ快適生活術」というブログを拝見して、「レラティブ・ストレングス投資」を知りました。
大変興味を持ち、こちらで勉強させて頂いております。

計算法について、お教え頂けますでしょうか。
「直近から○ヶ月前」の解釈に悩んでおります。

3ヶ月リターンの計算方法の場合、例えば4月1日に評価をするとしたら、

直近月末価格=3月(\11,174)
直近から3ヶ月前の月末価格=1月(\10,062)
3ヶ月リターン=(11174/10062)-1=0.111

これで間違いが無いでしょうか?

Posted by GO at 2013年04月25日 14:27
GOさん

コメントありがとうございます!
「直近から○ヶ月前」は、正確には「直近月末から○ヶ月前」と書くべきでした。
記事を修正しました。
3ヶ月リターンの計算方法の場合、例えば4月1日に評価をするとしたら、
3月末の価格12月末の価格1
となります。

紛らわしい書き方で悩ませてしまいすみません!
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 市原 at 2013年04月26日 22:55
市原さん

お返事をありがとうございました。

計算式は、そもそもこのストラテジーのキモですから、これを間違えると意味が無いと悩んでおりました。

最初は市原さんが示された月数で計算するのだと思ったのですが、もしそうなら、「月次データ」は13ヶ月分とらないと計算ができませんので、悩んでしまった次第です。

4月1日に評価をするとしたら、

直近月末価格=3月
直近月末から12ヶ月前の月末価格=1年前の3月

ということでよろしいのでしょうか。

Posted by GO at 2013年04月27日 03:12
GOさん、

はい。その通りです!


市原
Posted by 市原 at 2013年04月27日 12:46
市原さん

お忙しい中、ご丁寧にお返事をありがとうございました。

ヤフー!ファイナンスでの月次データは「過去13ヶ月に指定」してデータを取る、という事で理解しました。

ようやく胸のつかえがとれました。

試しに作った Excel のシート、早速修正いたします。
5月1日が楽しみです。

ありがとうございました。
これからも勉強させて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by GO at 2013年04月27日 17:47
GOさん、

お役に立てて光栄です!
こちらこそどうぞよろしくお願いします。
Posted by 市原 at 2013年04月29日 06:22
市原さん

申し訳ありませんが、もう1点だけお教え下さい。

5月1日に評価をする場合、
「3-6-12ヶ月リターン」の価格は、

  直近月末価格=4月
  直近月末から3ヶ月前価格=1月
  直近月末から6ヶ月前価格=10月
  直近月末から12ヶ月前価格=前年4月

となりますが、
「12ヶ月移動平均」の計算は、

  直近月末の4月〜前年5月までの12ヶ月の平均

ですよね。

RS(12ヶ月リターン)と移動平均を計算する期間とに1ヶ月のずれが生じますが、この理由は「『3-6-12ヵ月』が最強である理由」に書かれていらっしゃるように、実際にデータをとってみたら、この計算が一番リターンが良かったから、なのでしょうか。

ブログでご紹介されていた元論文を拝見しましたが、具体的な計算方法とその意味は今ひとつ分かりませんでした。
Posted by GO at 2013年04月30日 17:28
GOさん、

12か月リターンと12カ月移動平均では、おっしゃる通り最初のデータ期間が1カ月ずれますが、ここをそろえる重要性はあまりないように思います。

期間をそろえるためには12カ月移動平均でなく、11カ月移動平均を使うことになります。おそらく、12カ月移動平均とおおきな違いは生じないはずです。データ期間をそろえることを重視されるのでしたら、11か月移動平均を使っても良いと思います。

Posted by 市原 at 2013年04月30日 22:25
市原さん

早々のコメントを、ありがとうございました。

実務的には、どの期間を選択するのがもっともリターンが良いのか、が重要ですので、おっしゃるように「ただ期間を揃える」ことは重要ではないと思います。

質問の真意をきちんと説明できなかった、質問の悪い見本でした。
申し訳ありません。

おうかがいしたかったのは、単純に、「直近月末(=4月)を基準に考えるなら、12ヶ月リターンは前年4月となるので、12ヶ月移動平均は3月〜前年4月の12ヶ月で計算するのが良いのか、基準の4月から前年5月の12ヶ月なのか、どちらが正しい解釈なのか」ということでした。

大きな差は無いかもしれませんが、トレンドの変換点近くでは、1ヶ月のずれが意味を持つかもしれない、と神経質に考えてしまいました。

Posted by GO at 2013年04月30日 22:59
GOさん、


システムトレードの基本としてはできるだけ新しいデータをシグナルとして使うのが一般的なので、ご質問の例では、「4月から前年5月」を使います。
拙ブログで公開している過去データに基づく検証もそのようにしています。

ただし、それが常により優れたパフォーマンスに繋がるとは限りません。「3月〜前年4月」基準の方が良い結果となる可能性だってあります。

私が拙ブログで公開しているトレードルールは決して最終的な究極の答ではありません。各自いろいろと試してみる事をお勧めします。

Posted by 市原 at 2013年05月01日 22:46
市原さん

色々とありがとうございました。
シグナルはできるだけ新しいデータを用いる。うかがってみれば、確かにその通りだなぁ、と納得いたします。

ありがとうございます。

Excel で作った表を眺め、ちゃんと計算できていそうで一安心しました。

別記事でおっしゃっていましたが、本当に1〜3位と4位以下とでは、結構な差がありますね。
3位と4位の入れ替わりには、もう少し時間がかかりそうです。
Posted by GO at 2013年05月01日 23:20
GOさん

お役に立てて光栄です。
これからも御愛顧おねがいいたします。

Posted by at 2013年05月03日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。