2010年06月02日

シグナルに従って売買してみよう

前回の記事では、12ヶ月移動平均の計算方法を紹介しました。

移動平均投資では、12ヶ月移動平均を計算したら、直近の月末価格と12ヶ月移動平均を比較します。

もし直近の月末価格が12ヶ月移動平均よりも大きければ、そのETF(投資信託)には買いシグナルが出たということになります。

逆に、直近の月末価格が12ヶ月移動平均よりも小さければ、そのETF(投資信託)には売りシグナルが出たということになります。

この売買シグナルを、全てのETFと投資信託について確認します。

そして、買いシグナルが出ているETFや投資信託を買います。


買いシグナルの出た投資信託を購入する

買いシグナルが出た投資信託を購入する方法を説明します。

投資信託を購入する場合には、購入する金額を指定する方法と、購入する口数を指定する方法の2種類の方法があります。金額を指定する方が簡単です。例えば、運用資産総額が100万円で買いシグナルが出た投資信託を配分比率10%だけ買いたい場合は、購入金額を10万円と指定して買えば良いのです。

口数を指定する方法では、投資信託の基準価格を調べ、「10万円÷基準価格×10,000」という計算をして購入口数を算出しなければなりません。

投資信託を購入するときは、金額指定をぶほうが簡単です。


ETFを購入する

買いシグナルが出たETFを購入する方法を説明します。

ETFを買う場合は、口数を指定する方法しかありません。そのため、例えば10万円分購入したい場合には、「10万円÷ETFの市場価格」という計算をして購入口数を計算しなければなりません。面倒臭いですが、投資信託よりもコストの低いETFを買うためです。頑張りましょう。

購入口数がきまったら、ETFの買い注文を入力します。ETFの銘柄コード、購入口数を入力するほか、注文方法の「成行」と「指値」を選ぶ必要があります。

ここでは「成行」を選ぶのが簡単な方法です。「成行」とは何か説明します。相場ではETFの値段は刻々と動いています。この刻々と動く相場の成り行きにまかせて買う値段を決めるのが「成行」です。

「指値」とは、刻々と動く相場の成り行きにまかせるのでなく、売り買いする値段を「●●円」と指定して売買する方法です。値段を指定するので「指値」というわけです。

ここで、成行注文と指値注文のメリット・デメリットを比較してみましょう。


成行注文の特徴

値段を指定しない注文方法。相場の成行に値段を決めてもらう。

メリット
・値段を指定しないので取引がほぼ確実に成立する。

デメリット
・不利な値段で取引が成立してしまう場合がある(特に売買が活発でない銘柄の場合)。


指値注文の特徴

値段を指定する注文方法。相場の成行でなく指定した値段での約定を目指す。

メリット
・値段を指定するので、不利な値段で取引が成立することがない

デメリット
・指定した値段で取引に応じてくれる人がいない場合、取引が成立しない。


以上のような違いがあります。ご理解いただけましたでしょうか?

12ヶ月移動平均投資は、数ヶ月、数年にわたって継続する上昇トレンドに乗り、数ヶ月、数年にわたって継続する下落トレンドを避けることが目的です。そのため、一日の中の微妙な値段の動きは重要ではありません。そこで成行注文で買ってしまうのが簡単で良いでしょう。


人気ブログランキング参加中。次回の更新を楽しみにしていただける方はぜひ応援クリックお願いします
↓↓↓
人気ブログランキングへ


目次へ戻りたい場合はこちらをクリック→移動平均投資の解説・目次




posted by 市原 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動平均投資法の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。