2010年06月01日

「12ヶ月移動平均」を計算する方法

証券会社を決め、移動平均投資で使う金融商品を決め、資産配分比率が決まったら、次にすることは、「12ヶ月移動平均」の計算です。

私のブログでは、ETFと投資信託の毎月価格と12ヶ月移動平均を、毎月アップデートしています。ぜひ毎月ご確認ください。

毎月更新中=>「移動平均月次売買シグナル」


以下では、自分で12ヶ月移動平均を計算する方法を紹介します。
 12ヶ月移動平均を計算するには、投資信託とETFの過去12ヶ月の月末の価格が必要です。このデータは「ヤフー!ファイナンス」から簡単に取得することができます。

(1)まず、ヤフー!ファイナンスにアクセスします。


(2)検索窓に、ETFの場合はティッカーを入力します。投資信託の場合は投資信託名称を入力します。

(3)「時系列」タグをクリックします。すると、日次ベースでの価格の推移が表示されます。

(4)期間を過去12ヶ月に指定し、「月次」を選択します。

(5)過去12ヶ月の月末の価格が表示されます。

(6)過去12ヶ月の月末価格を元に移動平均を計算します。紙に価格を書き出して計算しても良いですし、エクセルに張り付けて計算しても良いでしょう。エクセルの方が一度計算用シートを作ってしまえば、後が簡単です。計算式は下のようになります。

 12ヶ月移動平均 = (過去12ヶ月の価格の合計)÷12

エクセルでは、セルA1からA12に過去12ヶ月の価格を入力した後、セルB12等に、

 =AVERAGE(A1:A12)

と入力すれば、簡単に12ヶ月の平均を計算することができます。



人気ブログランキング参加中。次回の更新を楽しみにしていただける方はぜひ応援クリックお願いします
↓↓↓
人気ブログランキングへ


目次へ戻りたい場合はこちらをクリック→移動平均投資の解説・目次
posted by 市原 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動平均投資法の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。