2010年04月27日

移動平均投資法とは

移動平均投資法の効果

移動平均投資法の中身を説明する前に、まずは移動平均投資法の効果を紹介します。下のチャートをみてください。点線はTOPIXの価格を示しています。実線は移動平均投資法でTOPIXに投資した場合の投資成果です。

MA simulation japan equity.JPG

TOPIXが下落した局面でも12ヶ月移動平均投資法は大きく下落することなく、TOPIXが上昇する局面では12ヶ月移動平均投資法も上昇し、結果としてTOPIXはるかに上回る成績を出しています。

どうしてこのような投資ができるのか、移動平均投資法の内容を解説します。


移動平均投資法とは

ここで「移動平均投資法」とはどんな投資方法かを紹介しましょう。

「移動平均投資法」は、次のようにとてもシンプルな投資方法です。

 週末の価格(株やETFの終値、投資信託の基準価格など)が12ヶ月移動平均を上回ったら、買う

 週末の価格(株やETFの終値、投資信託の基準価格など)が12ヶ月移動平均を下回ったら、売る


たったこれだけです。

なぜたったこれだけの投資法が恐るべき投資成果を生み出すのか、これからの記事で紹介していきます。

人気ブログランキング参加中。当ブログがご参考になりましたら応援クリックお願いします
↓↓↓
人気ブログランキングへ
 
目次へ戻りたい場合はこちらをクリック

posted by 市原 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 移動平均投資法の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ
当ブログがお役に立ちましたら、ブログランキング応援クリックお願いします。